倉敷美観地区くらしきびかんちく

バリアフリー対応状況

電話番号
086-422-0542(倉敷館観光案内所)
ファックス
086-422-05428(倉敷館観光案内所)
住所
倉敷市中央1-4-8(JR倉敷駅から南へ約1km)
休日
なし
駐車場
※近くに市営駐車場中央駐車場、市営駐車場芸文館地下駐車場などの駐車場有り。
備考
倉敷川沿いの道は歩行者専用空間。中橋はたいこ橋なので車いすでの通行は要注意。車いす対応トイレは、美観地区中心部にある倉敷館の中にある。大原美術館も車いすで入ることができる。(詳細は大原美術館を参照。)_
公衆電話、車いすは「倉敷観光案内所」授乳室、オストメイトトイレは「倉敷物語館」にあります。
近くに市営駐車場中央駐車場、市営駐車場芸文館地下駐車場などの駐車場有り。

視覚障害者のかたへの説明

美観地区入口の信号を東に折れ、ゆるやかな右カーブ沿いに60メートルほど進むと、柳並木が続く倉敷川の掘割に出ます。掘割をはさんだ両側の道路には点字ブロックやガードレールはないので、路肩を歩く時は注意が必要です。川には橋が3つ架かっていて、一番手前の今橋のたもとに「大原美術館」があります。美術館にはエレベーターがあり、車いすで入館できます。ここから川沿いに200メートル行くと、2番目の橋でたいこ橋になった中橋があります。そのたもとに観光案内所と無料休憩所を兼ねた「倉敷館」があります。入口はバリアフリーになっていて、自動ドアを入ると突き当たりが観光案内所窓口です。入口からすぐの右側5メートルに車いす対応トイレが1カ所あり、貸し出し用の車いすも1台用意されています。館内には16卓のテーブルと2人掛けの長いすが置いてあり、誰でも無料で休憩できます。ほかに自動販売機、コインロッカーなどがあり、傘の販売もしています。倉敷館からさらに150メートル下った所に3番目の橋、高砂橋があります。歩行者専用空間はここが東の端となります。倉敷考古館や有隣荘などが並ぶ掘割北側の道路には数カ所に縁台が出ていて、休憩できるようになっています。また、事前に倉敷市立図書館隣の倉敷市観光休憩所内にある「ウエルカム観光ガイド連絡所」に申し込んでおけば、美観地区の観光ガイドが受けられます。